司法書士 行政書士 おおたま法務事務所

アクセス

お問合わせ

トップ>お知らせ&ブログ>「強烈な努力」

「強烈な努力」

お知らせ&ブログ一覧

「これだけは伝えたい。
強烈な努力が必要だ。
ただの努力じゃダメだ。
強烈な、強烈な努力だ」

これは平成21年5月8日に83歳で亡くなった
囲碁棋士・藤沢秀行名誉棋聖の言葉です。

同年7月24日、東京・ホテルニューオータニで
藤沢秀行名誉棋聖を「偲ぶ会」が執り行われましたが、
そこで冒頭に掲げた「強烈な努力」の文字が扇子に仕立てられ、
それが出席者の記念品となりました。
そこに「詞書(ことばがき)」として添えられたのが、
藤沢秀行名誉棋聖が生前よく口にしていたという冒頭の言葉です。
以下に再掲します。

「これだけは伝えたい。
強烈な努力が必要だ。
ただの努力じゃダメだ。
強烈な、強烈な努力だ」

藤沢秀行名誉棋聖は「最後の無頼派」と呼ばれた天才棋士で、
博打、借金、出奔、アルコール依存症、3度にわたるがん闘病と、
「八方破れ」と呼ばれた壮絶な人生を最期まで生き抜きました。
最期の瞬間、病床で起き上がることすらできない状態であったにも関わらず筆を持ち、
「強烈な努力」という言葉を揮毫し、これが絶筆となりました。

「強烈な努力」

藤沢秀行名誉棋聖には足元にも及ぶべくもありませんが、
この力強いメッセージを、少しでも深く心に刻みながら生きていきたいです。

(参考・引用文献)
「―碁打ち 藤沢秀行 無頼の最後―大丈夫、死ぬまで生きる」藤沢モト著(角川書店)