司法書士 行政書士 おおたま法務事務所

アクセス

お問合わせ

トップ>お知らせ&ブログ>「終戦」と「敗戦」

「終戦」と「敗戦」

お知らせ&ブログ一覧

「終戦」と「敗戦」、一般的には特に区別なく使われることが多い言葉ですが、
何が異なるのでしょうか?

もし、昭和20年8月15日を「終戦」の日と称し、
「戦後」がその年から始まったことにしてしまうと、
私たちは、あたかも日本のみで自発的に戦争を終わらせたかのように
錯覚してしまうのではないでしょうか?

なぜなら、「終戦」という言葉には、「戦勝国」の存在という視点が
すっぽり抜け落ちているからです。

もし、昭和20年8月15日を「終戦」の日ではなく
「敗戦」の日と称していたのであれば、
「敗戦」という言葉から戦勝国の存在は自ずと想起されるのではないでしょうか?

「敗戦国」という言葉から「戦勝国」を想起することは容易だからです。

いずれにせよ、昭和27年4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効するまでの間、
国際法上、日本とアメリカは戦争状態が継続中であり、
その間、日本は「戦勝国」の占領下に置かれており、
主権国家としての自由意思を持たず、
完全な主権を有していなかったことは歴史的事実です。

(参考・引用文献)
・「知られざる日本国憲法の正体」吉本貞昭著(ハート出版)
・「帝国憲法物語」倉山満著(PHP研究所)
・「従属国家論」佐伯啓思著(PHP新書)